走塁

左ピッチャーの牽制球が苦手な選手のための牽制球を見分けるポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

左投手時に盗塁のサインを出すと牽制球に引っかかりやすく、苦手意識が強い選手は少なからずいます。右投手の場合は足の動きだけに注意すれば良く、ポイントがしぼりやすいです。さらに試合や練習で経験が積みやすいです。では左投手の牽制球対策はどうすれば良いでしょうか。

左投手の牽制球のタイプの見極め方

左投手にも色んなタイプの投手がいますが、ランナー1塁時の左投手の対応の仕方は大きく2つに分けられます。ノーマルモーションタイプとクイックモーションタイプです。タイプの見極め方はランナー1塁の時の牽制球と投球の仕方です。

ノーマルモーションタイプ

ノーマルモーションタイプは投球時と牽制球時を同じモーションで動き出すタイプです。左投手に苦手意識が強い選手の多くはこのタイプの投球と牽制球の見極めができていません。しかし、モーションが大きいので本来は盗塁しやすいタイプです。

クイックモーションタイプ

クイックモーションタイプは投球時にクイックモーションで投球するタイプです。クイックモーションで投球するため右投手と同じ感覚で対応できるので比較的苦手意識が付きづらいです。しかし、クイックモーションで投球するので盗塁のスタートが重要になり、本来は盗塁が難しいタイプです。

左投手に対する考え方

先ほど紹介したタイプ別の攻略法の前に盗塁と左投手に対する考え方を選手が理解しておくことが重要です。前提となる考え方を理解した上で攻略法を習得すれば、盗塁成功率が高まり自信がつき、実力が上がっていきます。

盗塁のサインが出る意味を教える

まず、ベンチが盗塁のサインを出す時点で、盗塁成功の可能性が高いと判断していることを選手は理解する必要があります。ランナーの足の速さと投手のクイックの速さとキャッチャーの肩を考えて盗塁のサインを出しているので、無理にスタートを早める必要がないことを頭に入れておきましょう。

左投手に対する考え方を教える

左投手だからといってスタートを早める必要はありません。投球と捕手の送球の時間を考えれば、右投手と同じタイミングでスタートすれば良いだけです。頭でわかっていても、実際には難しいのはランナーの心理面にあります。

ランナーがスタートを早めて飛び出してしまう原因はノーマルモーションで動かれると、投手の動き出しから時間が経っているため、スタートが遅くなっていると錯覚してしまうからです。しかし、ノーマルモーションであれば、完全に投球と判断できてからでも遅くはありません。

また、左投手の1塁牽制の特徴として、牽制球の球速が出づらいことも知りましょう。1塁側に体が正対しているため、主に腕の力だけで牽制しなければならないため、よほど腕力が強くなければ球速がでません。余裕を持って対応すれば大丈夫なことを理解するだけで、慌てて間違った判断が減ります。

投球と牽制球の見分けるポイントは右足(踏み込み足)です。右足がホームベース側に行ってからか、もしくは右足と左足(軸足)が交差すれば投球です。投球とわかってからスタートするようにしましょう。

左投手のタイプ別攻略法

ノーマルモーションタイプの攻略法

このタイプの左投手はポイントさえ押さえれば、盗塁するのが苦手から得意なタイプになります。モーションが大きいため、投球からキャッチャーが捕球するまでの時間が長くなります。なので、スタートを速める必要がありません

スタートを切るタイミングは右足(踏み込み足)がホームベース側に行き重心移動が始まるタイミングか左足(軸足)と交差するかのタイミングでスタートします。スタートが遅いと感じる選手もいますが、投球動作で足をしっかり上げているため、実際は余裕があります。

クイックモーションタイプの攻略法

このタイプは右投手と同じく足の動きがポイントです。足の動き出しを観察することで攻略できます。ただ、クイックで牽制もあるので見極めが難しいです。しかし、体が一塁側に正対しているので牽制球が遅くなるので、慌てないことを意識しましょう。

スタートを切るタイミングは右投手と同じく足の動き出しを見て判断します。ポイントとなる足の動きですが、右膝の動きがポイントになります。クイックモーションで投球するには両足の内転が重要なので、右膝が内側に向いたら(イメージとしてはピッチャーが内股になった瞬間)スタートするタイミングです。

牽制の足の動きの場合は、クイックモーションで牽制するには牽制球を投げる力を得るために左足(軸足)に重心を乗せたあと、右足は真っ直ぐ1塁側に踏み出します。投球と牽制球では膝の動きが大きく異なります。左足も投球時は内転しますが、牽制球時は重心を乗せるだけなので、膝は真下に沈みます

ノーマルモーションとクイックモーションを組み合わせてくる場合

ノーマルモーションとクイックモーションとを組み合わせられると盗塁が難しく感じます。しかし、この場合も対処法は同じです。ノーマルモーションであれば、投球開始を見極めてからスタートする。クイックモーションであれば、足、特に膝の動きを見てスタートのタイミングを判断するだけです。

盗塁の狙い目はノーマルモーションの投球時です。クイックモーションよりも判断しやすいうえに、投球がキャッチャーミットへ到達するのに時間がかかるので盗塁の成功確率が高まります。

それでも牽制球に引っかかったら二塁へ全力疾走

左投手に慣れてきて、しっかり観察していても意表を突かれて牽制されることはあります。その場合は二塁へ全力疾走することで、最もランナーの生存確率が高くなります。ピッチャーはプレートを外さずに牽制しているので、一塁手へ必ず投げなければなりません。その合間を狙います。

左投手は体が1塁側に正対しているため牽制球の球速が出づらく、牽制球が一塁手へ到達するまで時間がかかります。さらにノーマルモーションであればモーションが大きいので、かなりの確率で二塁へ進塁できます。

足の速さに自信がある選手であれば、投手がノーマルモーションタイプで一塁手の動きが緩慢な場合は投球か牽制球かを気にせず、投手のモーションスタートで盗塁スタートをしても盗塁成功の可能性が高いです。

左投手の牽制球の見極め方のまとめ

実践で少ないため左投手の牽制球には苦手意識がつきがちです。しかし、タイプをノーマルモーションとクイックモーションに分けて、それぞれの対策法を知るだけで右投手と変わらず対応できるようになります。タイプの見極めとスタートのタイミングを慌てないことがポイントです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Views

コメントを残す

*