体作り

背の高さは遺伝だけじゃない 身長を伸ばすための食事と習慣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポーツをするうえで背の高さはプレーに影響を与えます。しかし、背を伸ばしたくても、身長は遺伝的なものでどうすることもできないと思われがちです。遺伝が影響することは否めませんが、日本人の平均身長が昔より伸びたことでわかるように、食事内容や生活習慣による影響も大きな要因です。

身長を決定づける要因として、遺伝・食事内容・生活習慣の影響が大きいです。身長を伸ばすためにはどのようにすればよいか紐解いていきましょう。身長を伸ばす方法を一挙大紹介します。

遺伝による身長への影響

身長に与える遺伝の要因は25~90%と言われています。裏を返せば75~10%は後天的要因が影響していると言えます。最も遺伝の影響が強い90%と聞くと身長はほとんど遺伝で決まってしまうように感じるかもしれませんが、20%の遺伝以外の要因で約10cmも身長に影響を与えると考えられています。

遺伝の影響があるという事は、父親の身長と母親の身長が子供の身長に影響するということです。身長の予測するための計算式があります。。子供の予測身長は以下のようにして算出できます。

男の子の場合 (両親の身長の合計+13)÷2±9
女の子の場合 (両親の身長の合計-13)÷2±8

この計算式で算出した身長を目安に、食事や生活習慣で身長をどれだけ伸ばせるかで背の高さが決まります。努力次第で約10cmも身長を伸ばせます。食事内容で努力できることと身長を伸ばすための生活習慣について紹介していきます。

身長を伸ばすための栄養・食事

体は食べ物で作られていきます。身長を伸ばすために食事はとても大きな役割を担っています。身長を伸ばすための栄養をしっかりと摂取することで背の高さが変わってきます。どのような栄養素が背を高くするのか紹介します。

背を高くするための最もメジャーな栄養素がカルシウムです。しかし、カルシウムは骨を強くする栄養素です。骨を丈夫にしてくれますが、カルシウムだけでは背は高くなりません。また、カルシウムは吸収されにくい栄養素です。同時にマグネシウムやビタミンDを摂取すると吸収しやすくなります。

骨を伸ばすにはたんぱく質が欠かせない栄養素です。成長期の子供には骨端に成長軟骨と呼ばれる部分があり、成長軟骨が大人の硬い骨になり、骨を伸ばしていく時にたんぱく質からできるコラーゲンが必要となっています。

他には成長ホルモンの分泌を助けるアミノ酸が背を高くするのに重要な役割を担っています。アミノ酸の中でもアルギニンが成長ホルモンの分泌を助ける役割として代表格です。成長ホルモンは身長を伸ばすには欠かせないので、分泌を促すことで身長が伸びやすくなります。

身長を伸ばすにはカルシウム・たんぱく質・アルギニンだけではありませんが、背を高くするのには重要な栄養素です。アミノ酸はたんぱく質の構成要素なので、たんぱく質が豊富な食品にはアルギニンも含まれていることが多いです。きちんとした食事をすることがとても重要と言えます。

身長を伸ばすための生活習慣

世界で平均身長が高い国として有名なのがオランダです。日本人からすると欧米各国の人は身長が高く、体格がよいイメージですが、オランダは群を抜いて身長が高いです。食習慣が似ているヨーロッパの中でも差が出ているのには理由があります。

オランダ人は夕食を早い時間帯に食べます。食事から睡眠までの時間がしっかりあるので、食べたものを消化し、栄養をしっかり吸収できます。食後すぐに寝ると消化吸収に悪く、せっかく食事内容に気を使っても効果が薄れます。睡眠の質も高くなり、一石二鳥です。

オランダ人は世界的に見て睡眠時間も長いです。子供の頃は更に睡眠を重要視していて、19~20時台に就寝させます。夕食を早くして栄養をしっかり消化吸収し、睡眠時間もたっぷりとあるので成長に最適な環境といえます。

適度な運動とストレッチも背を高くするのには良いです。適度な運動は成長ホルモンを刺激し、骨端を刺激することで身長を伸ばすことを促進します。日光を浴びることでビタミンDも体内で生成されます。

ストレッチも大事です。成長期の子供は骨が急速に伸び、骨の両端から筋肉が引っ張られ緊張状態になっています。骨が伸びる時に筋肉が硬いと骨と筋肉の付け根である腱の部分が引っ張られ、痛みが発生します。これが成長痛の原因です。

筋肉が伸びるスピードよりも骨が伸びるスピードの方が早いため痛みがでます。成長痛だけで収まればよいのですが、この状態で運動をすると骨から腱が剥がれ故障に繋がります。有名なのが膝で発生するオスグッド病です。

日頃からストレッチをして、筋肉をほぐし伸ばしておくことで、骨が伸びる時にスムーズに伸びます。故障をしないためにも成長期の時期のストレッチは必要不可欠です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Views

コメントを残す

*